最新の測量技術だからこそ、早く安く正確に!


LinkIcon

 
クリックして資料をダウンロード

準天頂衛星「みちびき」を使ったGNSS測量
早く、安く、正確に!

不動産取引において、境界標の確認は不動産業者の皆様にとっては大切なお仕事です。また、境界標が有るか無いかはその後の取引を円滑に進めるうえで重要な役割を果たします。
経営者の皆様はその境界標が有るか無いかだけの確認を測量会社にお金を払って実施するのはナンセンスとお考えだと思います。
 そこで、この価格では如何でしょうか。
 29,800円 (税込み、初回のみ) 
※ 2回目以降は35,640円です。
 
 境界標の有無以外に既存境界標の現況測量と写真撮影を実施し、既存境界標で囲まれた部分の点間距離及び面積を計測すると共に、越境物の報告も致します。地積測量図やその他の資料から提供される座標値があればGNSS測量で位置誤差も同料金でご提供できます。
※GNSS測量は調査現場によっては実施できない場合がございますので個別に打ち合わせが必要です

 
 
GNSS測量は、人工衛星から送信される電波を利活用する観測方式です。従来のGPS衛星や日本の準天頂衛星 「みちびき」を利用して、今まで 高層ビルの谷間など精度が悪い場所でも高精度の測定が可能となりました。GNSS測量は、天候に左右されることなく冬期間の堆雪時でも高精度の測量が可能です。
 

弊社では公共工事で活用される様々な機器を民間現場で使用し「基準点測量、復元作業、各種観測業務」など幅広い分野にGNSSを活用した測量業務を実施しております。
GNSS測量は確定測量での基準点測量の 作業時間を大幅に削減できます。更に冬期間でも 雪で覆われた境界標をいち早く探索できるメリットがございます。